歯科の待合室

歯肉炎は歯周病の始まり!歯医者にすぐ行く!

歯医者は歯を削ったりする痛いところなので、できれば行きたくないという人が多いです。
けれども、お口の中の病気は放置していても自然に治ることはありません。
どんどん悪化してしまうので、早く受診することが非常に大切になります。

若年層に増える歯周病

歯周病が気になって歯磨きする男性歯医者は虫歯を治すところだと思っている人が多いですが、実は虫歯よりも歯周病の方がかかっている人が多い病気です。
歯周病は、歯そのものではなく、歯茎や歯を支える骨などの、歯の周りに起こる病気で、成人の80%がかかっていると言われ、若年層にも広がっています。
特に東京のような人の多い地域、かつ若者も大勢いるような地域にはその分歯周病が生じている人もいます。

歯肉炎は歯周病の初期段階

歯を磨いていて、血が出る経験をした人は多いでしょう。
これは、歯茎が腫れている証拠です。
歯茎が腫れることを、歯肉炎と呼びますが、歯肉炎は歯周病の初期段階です。
食べた物を細菌が分解し、代謝物としてネバネバしたものをプラークと言いますが、プラークは歯茎に炎症を起こしてしまいます。
歯肉炎の段階であれば、歯石を取るなどの治療をすることで、健康な状態に戻ることができます。

歯周炎という次の段階へ

けれども、歯肉炎は痛みがないので、多くの場合はそのまま放置され悪化していきます。
歯肉炎が悪化すると、歯周炎になります。
歯周炎も歯周病の中の病気ですが、より症状はひどくなっています。
炎症は歯茎だけでなく、歯を支える骨にまで及んでいます。
骨がなくなると、歯を支えることができなくなるので、浮いたような感じや、歯がグラグラしてしまいます。

歯医者では、歯周病の治療として歯石の除去を行いますが、重症化している歯周病は歯茎の中にまで歯石が入り込み、固く沈着しています。
炎症によって骨がなくなってしまうと、治療を始めてもすぐに回復することはありません。
若年者だから平気だと放置していると、30代や40代で歯が抜け落ちてしまうということもあります。

歯医者に素直に頼ろう

歯医者の治療は、歯周病の進行を止めると同時に、これ以上悪化しないようにしていきます。
自宅で歯磨きも立派な治療です。
歯と歯の間は毛先が届きにくいので、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってきれいにしていきます。

歯茎が腫れている歯肉炎は、歯周病の始まりの段階です。
歯医者に行きたくないから、歯を磨いて血が出てもそのままにするのではなく、出血を見つけたらすぐに受診するようにしましょう。
こうすることで、初期段階で治療を始められるので、健康なお口の中を維持することができます。
痛みが無いからと放置していると、どんどん重症化してしまい、血だけでなく膿も出て口臭もするようになります。
それを治療、そして予防するために歯医者へ足を運びましょう。
東京は歯医者の過密地帯で、銀座や赤坂は特に密集しており日本一の歯医者の密集地帯とも言われています。
ただそのような激戦区に通うよりも、歯医者に行くなら板橋区の高島平のような地域がいいかもしれません。

歯周病は糖尿病の始まりになる!?

糖尿病歯周病はお口の中の病気だと多くの人が思っています。
けれども、歯周病が糖尿病の始まりになってしまうということは、あまり知られていません。

歯周病になると、炎症性の物質が作られるようになります。
この物質は、口の中だけでなく、全身に広がることが分かっています。
血糖値をコントロールするインスリンの働きを妨げ、糖尿病を悪化させてしまいます。

実際、糖尿病の患者さんはそうでない人に比べて、2倍以上も歯周病になりやすいという結果が出ています。
歯周病と糖尿病の併発というのは、決して珍しいことではありません。
さらに、まだ糖尿病にはなっていないけれども、歯周病がある患者さんは、糖尿病の予備軍ともいえる状態で、高血糖が続いているという結果も出ています。

そもそも糖尿病って何?歯周病との関係は?

そもそも、糖尿病というのは、食べた物の糖分が体に吸収されにくくなり、血液中に糖分があまってしまう状態のことです。
高血糖が続くと、心臓や腎臓などの臓器に病気を併発してしまうことから、治療が必要であると言われています。
糖尿病を放置していると、生活の質が落ちてしまうことも分かっています。

歯周病と糖尿病の併発には、他にも理由があります。
高血糖な状態というのは、血管が傷つきやすくなります。
歯茎の血管も弱っているので、歯周病が進行しやすくなるという傾向があります。
相互に悪化させてしまう関係であるため、一度かかると重症化しやすくなってしまいます。

歯周病の治療=糖尿病予防

歯周病の治療をすることで、血糖値が下がるという治療結果が出ています。
歯周病は、糖尿病の始まりにもなってしまいますが、治療することで血糖値の状態を改善させることも可能です。
歯周病と糖尿病というのは、あまり関係がなさそうに見えますが、実は深いつながりがあります。
歯周病の治療をすることで、糖尿病は改善しますし、その逆も起こります。

ですから、自分は歯周病だから糖尿病になるのは仕方がないと考えるのではなく、治療することで双方の病気を改善するという気持ちが大切になります。
どちらも生活習慣病と言われる病気です。
日頃の食生活などを見直すことで、病状を改善させることは可能です。

歯周病はなかなか治らない

歯周病という病気はとても厄介な病気です。
自然に治ることはありませんし、糖尿病の始まりにもなってしまいます。
そこで、お口の健康だけでなく、全身の健康を守るためにも、定期的に歯医者を受診しましょう。
歯医者では、歯と歯茎のチェックを行い、歯周病にならないお口の環境を整えてくれます。